組合の趣旨

akarui

 関西遊技機商業協同組合(略称・関西遊商)は、昭和36年4月27日に前身である、

西日本遊技機商業協同組合を発足し、6月19日に中小企業等協同組合法に基づき通産省

の認可を受けました。

 全国遊技機商業協同組合連合会(略称・全商協)傘下の西日本地区の遊技機商業協同組合が、

漸次法人化されたのに伴い、昭和43年1月11日に、現在の関西遊技機商業協同 組合と改組され

ました。

 現在、組合は主として関西地区の2府4県に事業所を有する、遊技機メーカー、遊技機販売代理店

・特約店・代行店、中古遊技機販売会社、周辺機器・部備品メーカー、周辺機器・ 部備品販売商社

等の協同組合として構成され、各団体と連携・協調・協力しながら業界の発展に尽力いたし

ております。

 関西遊商組合員は、事業を通じて業界の健全なる発展のため、メーカーの意思をホールへ、

ホールのニーズをメーカーへ伝える“懸け橋”の役割を任じ、安心・安全な遊技機器の提供に

努めております。

関西遊商は、中古遊技機・認定機の点検確認証紙及び公安委員会申請関係書類の発給を行い、

その責任の下に全国をネットワークで結ぶ機歴管理システムによる中古遊技機の機歴の管理を

おこない、流通セキュリティーの保全を行っております。

また、“不正行為 しないさせないゆるさない” をモットーに全員参加の中古遊技機取扱

主任者講習会を毎年実施し、点検確認の適正な実施とレベルアップを図っております。

関西遊商は、多くの方々に私たちの業界を知っていただくために、啓蒙活動や社会貢献活動等にも

積極的に取り組み、業界の健全化・適正化を推進して参ります。

  関西遊技機商業協同組合

  

関西遊技機商業協同組合 大阪市浪速区元町1丁目5番7号 ナンバプラザビル7F
Copyright @ 2013. kanasi yugiki syogyo kyodo kumiai. All Rights Reserved.